girl is sad

薬で7分も延長!

早漏の基準は膣へ挿入する前に射精をしてしまう、または膣へ挿入してすぐに射精してまう、パートナーが満足する前に射精してしまう、などです。5分以下で射精をしてしまっても早漏と言えるでしょう。何故なら日本人が射精するまでに要する平均タイムは7分から9分だからです。早漏という言葉には情けない響きがあります。そして実際に情けないことです。なので早漏防止のために対策を立てましょう。
早漏防止のための薬があります。やはり薬を使うのが最も効果が早くてお勧めです。早漏防止に効果的な薬は主に2種類あります。まず一つ目は、麻酔効果のあるもので亀頭の感度を鈍らせることで射精までの時間を延ばすというものです。麻酔効果のある軟膏などを亀頭に塗るのです。麻酔効果のあるコンドームも存在します。コンドームの内側に麻酔薬が塗布されているので、それを装着すれば亀頭の感度が鈍って、普段よりも長い時間セックスを楽しむことが可能になります。
もうひとつの早漏防止薬は、性的興奮を抑える薬です。性的興奮が強ければ強いほど亀頭の感度は高まり、すぐに射精をしてしまいます。なので性的興奮を薬で抑えることにより、射精までの時間を延ばすことができるのです。今までは3分くらいで射精をしてしまっていた人がこの薬を飲むことで10分にまでタイムが伸びました。
薬以外の早漏防止法だとスタート・ストップ法というトレーニングがあります。これを続けていれば早漏防止に繋がりますが、効果が出るまで時間が掛かるのがネックです。なのですぐに効果がほしい人には薬をお勧めします。

woman tired

血流が大事

EDになってしまったらサプリに頼るのが1番です。しかしサプリは数多く出ているので、どのサプリが効果的か分からないですよね。そんな時はランキングを参考にするのがいいでしょう。

sad woman

副作用も気にならず

ピルには副作用があります。副作用には個人差があるので、全く副作用を感じないという人も居るので、不安になるようなものではありません。服用を続けていれば次第に副作用はなくなりますしピルには女性に嬉しい効能がいくつもあるんです

blondes are worried

うつ病と誤診

双極性障害には双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害があります。どちらも違った意味で危険です。Ⅱ型はうつ病と誤診してしまう危険があるので注意しましょう。うつ病と双極性障害は治療薬が違います。なので誤診をすると厄介なことになりますよ。